読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

greenbottleblue’s blog

長文は苦手です。

思い出す。

今日は休みだったから、少しお出掛けしてきた。
で、帰り道にどこかスーパーに寄り道しようと思ったんだけど…。
個人的印象の悪いスーパーが道沿いに並んでた。

あれは数年前、スーパーのリニューアルで、その工事に関わってなかったけど、テレビ配線の工事を依頼された。
現地確認して見積もりを提出し、オッケーが出て、いざ工事。
無事に完了したから、請求書を出した。そしたら、無料にしろと。たかが数千円の工事で。
何か不備があったのかと思って、上司と出向いたけど、違った。ここの工事が実績になるだろうから、無料で良いでしょ、と。
私の会社は、国や自治体の工事も請け負うから、数千円のテレビ配線工事が自慢できる実績にはならない。
そもそも、見積もりを提出したときに、値引交渉もしなかったじゃないの。
話し合いが進まなかったので、配線を撤去して終わり。
このご時世、もうちょっと誠実に話をしてほしいなぁ。

ここのリニューアルしたスーパーは、自治体から避難所の指定になってるんだけど、防災放送を受信する機械の取り付けを拒否した。
そして、指定取消も拒否。
なぜだか、未だにリストに載ってるから、何かしら裏の力が働いたんじゃないかと、勝手に想像してる。

そんなこんなで、たった数千円の工事費でわめき散らすスーパーって、どんな仕入れするんだろう?って思ったら、怖くなって買えない。
一緒に担当した同僚も、同じことを言ってた。

友だちに言い回ったりしないけど、私は、あのスーパーには、チェーン店も含めて行かない。独り不買運動
お金を遣うなら、気持ちよく払いたいなぁ。
それだけ。