読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

greenbottleblue’s blog

長文は苦手です。

伝わらない感想文『ラブ・ストーリィ(エリック・シーガル)』

読書

タイトルだけで、読んでみたくなった。
どうやら、1970年代のヒット作らしい。

ラブ・ストーリィ (講談社ルビー・ブックス)

ラブ・ストーリィ (講談社ルビー・ブックス)

最初に彼女が亡くなったところから始まるから、ハッピーエンドではないだろうなぁって思いながら読んだ。
時代が違っても、金持ちぼんぼんの親子関係って、こんなイメージ。親の脛をかじりながら反発するところとか。
学生結婚して親から離れて、彼女に養ってもらって。卒業してやっと稼げるようになったら、彼女が死んでしまう。その後彼は、精神的な成長をしたのかしら。

父子関係と夫婦関係を、ただただ物語ってる。
そして、彼が子どもっぽいのに、彼女の大人な感じがとても対照的だった。
端から見ると、会話が噛み合わないようだけど、夫婦ならば通じ合うんだろうなぁ。

映画化されてるみたいだから、観てみたい。号泣したい。